1. TOP
  2. お土産
  3. 「道の駅くらぶち小栗の里」はついつい寄り道したくなる道の駅

「道の駅くらぶち小栗の里」はついつい寄り道したくなる道の駅

 2017/11/30 お土産 グルメ 観光
 
LINEで送る
Pocket

群馬県榛名山のふもとにある
道の駅「くらぶち小栗の里」では、
倉渕や高崎の農産物や特産物、

そして群馬県内のお土産を
多数販売しています。

また車中泊で道の駅を利用する人にも
うれしい設備も充実。

今回は
『「道の駅」くらぶち小栗の里』を紹介します。

旬の農産物を販売する『ふるさと市場』

1階にある『ふるさと市場』では、
カボチャやキャベツなど、

その時期にとれた倉渕の
朝採り野菜などを販売しています。

なんと、なめこは100g、80円から!!

手作り豆腐や味噌なども販売されています。

倉渕といえば
自家製工房「塚田農園」
有名です。

人気があるトマトや
ニンジンジュースも販売中です。

倉渕でつくられたお米は、
1㎏450円とリーズナブルな価格で
販売されています。

高崎産小麦「さとのそら」
使った田舎饅頭は、

あんこやみそあん、
野沢菜バリエーションなど、
種類が豊富です。

平成28年度
全国新種鑑評会で金賞を受賞した
「大盃」や「榛名山」などの
お酒も並びます。

群馬の甘口地酒「榛名山」の詳細はこちら
日本酒が苦手な人でも楽しめる!群馬の甘口地酒「榛名山」の魅力

また高崎の人気が
高い七味を知っていますか?

七味堂はオリジナル唐辛子を製造。

唐辛子の旨味と辛さを
最大限に引き出した
独特な風味が特長です。

少し黄色味がかった唐辛子は、
うどんや冷ややっこなどにピッタリです。

高崎の工場で自社製造している
開運だるま海苔も取り扱っています。

お食事は、おもてなし処で

お食事処では、
「おきりこみ」定食や鍋をはじめ、
とんとん丼やソースカツ丼、
おにぎりなどもあります。

メニューが豊富なので
がっつり食べたい人から、

小腹がすいた人まで
自分なりの食事が楽しめます。

車中泊にうれしい休憩コーナーと屋上デッキ

なんと24時間開放している休憩コーナー。

車中泊などで
道の駅を利用する人に
とてもうれしい施設です。

情報を検索できるパソコンや
公衆電話も完備。

またトイレには、
赤ちゃんのおむつ替えが
できる台も2台設置。

屋上デッキも24時間利用可能。

近くの大自然が眺望でき、
運転で疲れた体を癒してくれます。

またここで焼きまんじゅうや
売店で購入したお惣菜などを食べれば
リフレッシュできますよ。

群馬名物焼きまんじゅうのケイタリングカーも!

売店の外には金、土、日限定ですが
群馬の焼きまんじゅうを販売する
ケイタリングカーも登場。

1本150円
こだわりの焼きまんじゅうが味わえると
観光客にも大人気です。

展示室・作業室・調理室

予約が必要なこれらの部屋では、
展示会や料理教室など、
地元の人がイベントを開催しています。

利用したい場合は
事前に予約を入れておきましょう。

『「道の駅」くらぶち小栗の里』情報

住所:群馬県高崎市倉淵町三ノ倉296-1

電話:027-384-8282

定休日:毎月第2木曜日、12月31日~1月3日

営業時間:売店 9:00~19:00

食堂 10:00~188:00

展示質・作業室・調理室
(予約が必要です)9:00~22:00

観光案内 9:00~22:00

休憩コーナー・駐車場・トイレ
24時間利用可能

「道の駅くらぶち小栗の里」はついつい寄り道したくなる道の駅まとめ

榛名山のふもとにある
『「道の駅」くらぶち小栗の里』
いかがでしたか?

地元倉渕町や高崎市の農産物や特産物、

そして群馬県民でも
あまり知られていないような
名物を販売しています。

群馬県民が訪れても、
ビックリするような名物があるので、
ぜひ立ち寄ってみてください。

また、
24時間休憩所も開放されているので、
車中泊にはオススメです。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

We Love 群馬編集部

We Love 群馬編集部

We Love群馬編集部では、群馬県の有名な場所、観光地、食べ物や文化を紹介するだけでなく、地元の人しか知らない、地元の人でも知らなかったようなコアな情報まで、群馬県民も群馬県民じゃない人も知りたかった「本当の群馬」をお伝えしていきます。