1. TOP
  2. お土産
  3. 群馬土産にオススメ!群馬銘菓「鶴舞う形の群馬県」の鶴サブレー

群馬土産にオススメ!群馬銘菓「鶴舞う形の群馬県」の鶴サブレー

LINEで送る
Pocket

サブレーといえば、鎌倉の「鳩サブレー」が有名ですね。

じつは、群馬県にも「鳩」のように鳥をモチーフにしたサブレーがあるのをご存じでしょうか?

その名も「鶴サブレー」!群馬県の形が鶴に似ていることから、開発されました。

ここでは、群馬土産にピッタリの「鶴サブレー」を紹介します。

鶴舞う形の群馬県

1947年に誕生した群馬ならではの「上毛かるた」

そのなかの「つ」の札「鶴舞う形の群馬県」にもあるように群馬県の地形は、まるで鶴が舞っているような形をしています。

昨年の10月28日の群馬県民の日には、「鶴舞う形の群馬県」にちなんだ取り組みも実施されました。
https://www.jomo-news.co.jp/news/domestic/life/11186

群馬の形がサブレーに大変身!

そんな鶴舞う形の群馬県がサブレーになって発売されています?

群馬の地形をしたサブレーが、アンテナショップやイーサイトなどで販売されているのです!

群馬県民の心をたまらなくくすぐる鶴サブレーがこちら!

パッケージには「鶴が舞う形の群馬県」としっかり記載されています。

箱の中は、一つずつ袋に入った鶴サブレー。袋から取り出すと…

忠実に群馬の地形をかたどったサブレーが入っていました!

気になるお味は、甘さは控えめ。香ばしいバターの風味が楽しめます。

しっかり焼き上げているから味わえるサクサクの食感がクセになります。

原材料は小麦粉、砂糖、卵、バター、アーモンドプードル、塩、重曹。

香料や着色料などの添加物は一切使用していないため、素材の味が堪能、天然の素朴な味わいです。

残念なことに、他県の人には群馬県の地形が鶴に似ていることが、ほとんど知られていません。

群馬県をアピールするお土産にいかがでしょうか?

お値段:5枚入り350円、12枚入り940円

鶴サブレーを発祥の洋菓子店

鶴サブレーを生み出したのが前橋市にある洋菓子店「Baron」

鶴サブレーはこの店舗で焼き上げ、店舗や県内のアンテナショップに配送されています。

来店した日は鶴サブレーの出荷で大忙し!旅立つ鶴サブレーがお店にずらりと並びます。

「Baron」では焼き菓子やジェラートなども販売しています。

ジェラートも群馬ならではのメニューが!?それは焼きまんじゅうテイストのジェラート!

塩味のきいたミルクジェラートに焼きまんじゅうの味噌ダレを練りこんで仕上げられています。

ジェラートはシングルコーンとカップで291円から。またダブルはコーンが367円、カップは399円です。

また群馬銘菓「やよいひめケーキ」も販売されています。

店舗情報

「Baron」は群馬県立図書館、ベイシア文化ホールの近くです。

住所:群馬県前橋市若宮町1-14-22

電話:027-233-6793

営業時間:10:00~19:00(食べログより)

定休日:月曜日

群馬土産にオススメ!群馬銘菓「鶴舞う形の群馬県」の鶴サブレーまとめ

鶴サブレーはテレビ番組「月曜から夜更かし」でも取り上げられ、話題を呼びました。

群馬県のシンボルでもある鶴を忠実に描いた鶴サブレーは、群馬土産に最適です。

ぜひ「鶴サブレー」を食べてみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

We Love 群馬編集部

We Love 群馬編集部

We Love群馬編集部では、群馬県の有名な場所、観光地、食べ物や文化を紹介するだけでなく、地元の人しか知らない、地元の人でも知らなかったようなコアな情報まで、群馬県民も群馬県民じゃない人も知りたかった「本当の群馬」をお伝えしていきます。