1. TOP
  2. イベント
  3. 劇場版「お前はまだグンマを知らない」公開!ロバートの山本博さんにインタビューしてきました!

劇場版「お前はまだグンマを知らない」公開!ロバートの山本博さんにインタビューしてきました!

 2017/07/23 イベント
 
LINEで送る
Pocket

いよいよ全国上映が始まった「お前はまだグンマを知らない」! 担任の先生役を演じているロバートの山本博さんにインタビューをしてきました。 インタビュアーは、ぐんまーソングライターのyoshimiさん。 グンマー同士、グンマについて語っていただきました! 「よろしくお願いいたします!」 といきなり名刺交換? 芸人さんとミュージシャンの名刺交換って????? と思いきや、yoshimiさんは群馬県の観光特使、山本さんは邑楽町の観光大使。 「特使」と「大使」の名刺交換。
yoshimi
とくしです~。
山本
たいしです~。
山本
ちなみにぐんま観光特使と大使ってどっちが偉いんですかね?
yoshimi
ぐんま大使は中山秀征さんと井森美幸さんの二人で、特使はたくさんいるのでやっぱり大使のほうが偉いんじゃないですかね~。
山本
じゃあ、二人でぐんま大使目指しますかね~。
yoshimi
そんなぁ~、あのお二人に並ぶなんて(笑)。 でも山本さんがそもそも特使でないのがおかしいと思うんですよ。 こんなに活躍されているのに! なので、私推薦させて頂きますね。 ぐんま観光特使と邑楽町の観光大使兼任でグンマをどんどんPRしてくださいね!

ドンドンいかない謙虚なグンマー

山本
ドンドンって、そういえばグンマーはそういうのあんまりやりませんよね。 謙虚っていうのか、自分からグイグイとかドンドンとか行かないのがトクチョーなんですよね。
yoshimi
そうなんですね。 観光地とかも、どこかいいところありませんか? って聞かれても「何にもないですよ~」とか言っちゃうんですよね。 「でも、草津とかグンマですよね~」とか言われると、 「そうですけど、まあ・・・」 みたいに謙虚になっちゃうんですよね。
山本
グンマーは外からいじられるのは得意ですけど、自分からドンドンいかないですよね。
群群
水野監督もおなじようなことおっしゃっていました。 グンマーは「おおらかな」だって。 そんな、グンマーを世界に!という映画(笑)だと思いますが、映画の中で特にグンマーなシーンはどんなところですか?

グンマーの特徴が表れてる映画

山本
なんといっても「空っ風」から入ってくれてるのがよかったですね~
yoshimi
そうですよね~。 グンマといえばまず「空っ風」ですよね。 映画のシーンでもありましたけど、グンマーはみんなカラっ風にやられていますよね。 誰でも一回はあぜ道とか側溝にハマっていますよね。 山本さんもはまったことありますか?
山本
小学校のころはしょっちゅうです。 朝学校につくと喉がカラカラだし、ほこりだらけですよね。
yoshimi
そうそう歯が乾燥して唇にくっついたり、目に砂が入ったりして毎日大変なんですよ。
山本
向かい風だと、全力で扱ぐんで足はパンパンですし、 追い風の時なんかもう原チャリ並みのスピードなんで 段さなんてあってこけたら大転倒でハンパないことになりますよね。 この風のおかげで、グンマーはみんな根性つきますし、忍耐強いよね!

グンマあるある満載

山本
グンマ県立アカギ高等学校の教室ですが、貼っている紙がすごくグンマなんですね。 「アカギ」とか!
yoshimi
「県庁高さ日本一」とか習字の時間に書いたんですかね~(笑) そういえば、教室にダルマとかありましたよね。 私の学校は校長室にしかなかったですけど・・・。
山本
いろいろなところにきたない字なんですけど習字の張り紙があるんですが、 「上毛かるた」ネタだったり、「グンマあるある」なんで そんなのをチェックしながら観てもらうと面白いですよね!

グンマーの授業の始まりは

山本
基本中の基本なんですがやっぱり授業の始まりは「キリツ、チュウモク、レイ」ですよね。 最初キャストのみんなはよくわかってなくて、 僕がグンマーの動きの基本を指導しました! 「チュウモク」の仕方がとても大事なんですよ。 「チュウモク」をやっているかどうかわからないくらいアクションが小さいと怒られるんです。
群群
誰にですか?
山本
学校の先生にですよ。 先生に「チュウモクしてます!」ってはっきりと見せないとダメなんです。 重要なのは、「のびしろ」ならぬ「むきしろ」なんです。 「チュウモク」のときに思いっきり「こっちからこっちに~」 みたいな形でアクション大げさにするのがコツなんです。 グンマーなら全員知ってることなんですけどね~。
yoshimi
「むきしろ」ですよね~。 「はい、そこ、チュウモクしてないから、もう一回ね~」って 先生に怒らちゃうんですよ。 「むきしろ」大事なんですよね。
山本
グンマーが先生に怒られないコツなんで、 台本になかったので僕のアドリブですが、 大事なんで勝手に入れておきました。 映画の中でも何回も出てきますし、 どんどんみんなうまくなっていきますので その辺も見て笑っちゃってください。

上毛かるた選手権

yoshimi
映画でもいろいろなところで出てますが、山本さんも「上毛かるた」してましたか?
山本
してました!してました! 県大会も出ましたよ。 県大会は、みんなめちゃくちゃ強くてまったく勝負にならなかったですが。 yoshimiさんはしてました?
yoshimi
してました!してました! ほんと真剣にやってました。 勝ち抜いて東京に行くものだと思ってました。
山本
え?
yoshimi
全国大会は東京でやるもんだと夢を見ていました。
山本
(笑) こないだ、グンマのチャンピオンと対決する機会があったのですが、 まったくダメでした。 3対1くらいでやっても全然勝てないんですよね~。 東京でKING of JMKという上毛かるた大会がありますから、みんなで出ませんか? グンマの若手芸人アンカンミンカンも呼んで特訓しますからチーム作ってやりましょうよ。 yoshimiさん、女子二人集めてもらって、優勝めざしましょう!
yoshimi
じゃあ強そうなメンバー揃えて優勝狙いましょう!

グンマ3B

山本
あとは僕が授業しているシーンですが「グンマ3B」です。 BOOWY、BUCK-TICK、back numberなんて授業のシーンがあるんですが グンマでバンドやるやつらはみんな必ず敬意を払って1曲はできないといけない。 という決まりがあるんですよ。 僕も、バントやってたんでやりましたよ。
yoshimi
え?ギターですか?
山本
そうです。友達がギターやってたんで 教えてもらってギターやりました。 夏休みとかすごい練習して頑張ってたんですけどね。 ビジュアル系バンドとして学祭に出るとかで集められたんですけど でも、下手すぎてクビになりました(笑)
yoshimi
じゃあ、うまくいってたら今頃はビジュアル系バンドをやってたかもしれないんですね?
山本
うまかったらね。 超、ヘタだったんですよ。 自分ではちゃんと弾けてるつもりだったんですけどね~。 映画でもそんなバンド小僧が結構出てきますけど、みんな3B意識してますので注意してみてください。

劇場版「お前はまだグンマを知らない」の一番の見どころは?

©2017劇場版「お前はまだグンマを知らない」製作委員会
山本
見どころはですね~ ずばり主人公「神月紀」役の間宮君の顔芸です! こんな顔芸の持ち主だなんてしらなかったんですが、 ものすごいパターン持っているので是非チェックしてもらいたいです。 あとは、股間です(笑) アカギの神様に見せるシーンなんですが すごい寒い日で風もビュービューの時の撮影だったんです。 実はあのシーンは「モロ」なんですよ。 みんな寒さに震えながら気合いで撮ったので是非その努力のシーンに「チュウモク」してください(笑) あとうれしかったのは、トチギのヤンキーたちが憧れる地元のスーパースター役でU字工事さん、茨城のグラビアアイドル磯山さやかさんと北関東勢がグンマの映画に協力してくれているところです。 なので、今後トチギやイバラギで何かあったときにグンマから駆け付けるとか協力できたらと思っています。 みんなが協力してくれたことで、作者の井田さんか書きたかった、 トチギやイバラギの人の人間性がうまく描かれていると思いますので、 トチギやイバラギのみなさんもそのあたりを観てもらいたいと思います。

山本さんから全国のグンマーに一言

山本
グンマーにグンマになにがあるの? って聞くと「何にもないよ」って答えると思うんです。 地方から東京に出てきてそんなこと言っている地方の人っていないんですよね。 でも、グンマーはみんなのんびりというか、おおらかというか、 人がいいというか普段から「何もないよ~」 って言うのが癖になってたりするんです。 自分から、あれが美味しいよとか、ここの温泉がいいよとか 自分から自慢したり勧めたりしないんですね。 誰も行かないから「秘境」って言われちゃってるところもあると思うんですが、 ここのところ、「月曜から夜ふかし」とか「ケンミンショー」とかで グンマが取り上げられたりしてるのを見てると、きっと本心すごくうれしいんですよ! 今までこんなことってなかったですからね。 もしかしたらこんなチャンスもうないかもしれないですよ!(笑) だから、ここで一気に全国に出ないとね~ 「あ~あった!あった!」とか「グンマ特有だよね」って 言ってもらえるようなシーンもたくさんあるので、 全国にいるグンマーのみなさんは、映画を観ていただいて、 いざというときに「こんなのがあるよ!」 と言えるようになって、是非グンマを自慢してもらいたいですよね。 そして「映画とかテレビで取り上げられて、かなり有名なことなんだけど・・・」 と自慢げにグンマをPRしてもらいたいですよね。 グンマーのみなさん是非映画館をグンマーでいっぱいにしましょう!

インタビューアー:yoshimi

1月22日生まれ。群馬県前橋市出身。 ぐんまーソングライター。動画「群馬がすき」配信中。
LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の観光情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の観光情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

群群