なま剛力スタジアム・平成最後の高級食パン専門店が太田市にオープン

LINEで送る
Pocket

2019年2月24日、群馬県太田市にオープンした、少し変わった名前の高級食パン専門店「なま剛力スタジアム」。タイプの違う2種類の絶品食パンが味わえると連日行列の人気ぶりです。

いったいどれほどおいしいのか、そして予約はできるのか。ベーカリープロデューサー岸本拓也氏が手がけた「平成最後に俺の出番!なま剛力スタジアム」をご紹介しましょう。

平成最後、日本国内は空前絶後の食パンブーム

食パンに詳しいジャーナリスト長浜淳之介氏によると、日本各地での「高級食パン店」「生食パン専門店」などのブームの発端は、なんとセブンイレブンの「金の食パン」だということ。

「焼かずに食べてもおいしい食パン」というふれこみで食パン専門店の創業と同じ時期に販売開始、なんと4か月で1,500万個も販売されたそうなのです。これをきっかけに高級生食パンブームが広がったといわれています。

群馬県内でも「乃が美」「一本堂」など、大阪発祥の食パン専門店が大人気。特に「乃が美」は群馬県内でも前橋市と高崎市に2店舗を構えますが、連日食パンを求める人で大行列ができています。

もちろん群馬県発祥のパン屋さんにもおいしい食パンが多数。

「地球屋パン工房」のおいしい食パンもご紹介しています。

「地球屋パン工房」の記事は、こちら。

行列ができる食パン専門店「なま剛力スタジアム」


©https://www.namagoriki.com/

食パンブームにさらに火をつけるがごとく、2019年2月24日、群馬県太田市に誕生した高級食パン専門店「平成最後に俺の出番!なま剛力スタジアム」が誕生しました。

ベーカリープロデューサー岸本拓也氏プロデュース


©https://www.namagoriki.com/news/01/

横浜大倉山にあるパン店「TOTSZEN BAKER’S KITCHEN」を経営しつつ2011年から様々なパン店を日本中でプロデュースしている岸本拓也氏。

人気番組『ガイアの夜明け』でも取り上げられ、2016年には『ゼロからはじめる個性派ベーカリー』という著書を発売。「なま剛力スタジアム」も岸本氏によって誕生しました。

太田市を中心にファミリー層で食パンを楽しんでほしいという願いが込められています。

こだわりの素材で作った高級食パンメニュー

「なま剛力スタジアム」の名前は、やわらかさを表現した「なま」と、力強さを表現した「剛力」、そしてライブ会場のような活気ある雰囲気を来店時に感じてほしいという願いからつけられたということです。

その、躍動感ある店舗にて売られている、やわらかく力強い2種類の食パンをご紹介しましょう。


©https://www.namagoriki.com/

素材や材料への強いこだわり

「なま剛力スタジアム」では、食パンのおいしさを追求するために原材料にもとことんこだわっています。

まろやかなくちどけのために製粉方法にもこだわった小麦。添加物を一切使用せず、厳選された生乳で作った生クリーム。最高のコクとくちどけを演出する国産のバター。そして蜂蜜で深い甘みと香りを加えています。

これらこだわりの素材や製法が最高品質の食パンを生み出すのです。

2種類の高級生食パンを紹介


©https://www.namagoriki.com/

まずは青竹を使ったオリジナル製法で作られた「剛力デラックス」。

今まで食べたことがないほど類を見ないやわらかさで、食パン通にもおいしいと評判を得ています。甘さが口の中に広がる食パンです。お値段は税別800円。

©https://www.namagoriki.com/

そしてもう一つが「剛力プリンセス」。

食パンに練りこまれたレーズンはオーストラリアの大地で育ったサンマスカット。サンマスカットレーズンがプリンセスのように輝くことから名づけられました。

食パンの甘さとレーズンの酸味が絶妙な逸品です。お値段は税別980円となっています。

購入数量限定、気になる予約は?

オープン間もないうちからSNSや口コミで大人気となった「なま剛力スタジアム」。

連日長蛇の列ができる大盛況ぶりとなっています。人気のあまり、1名あたり各1本、合計2本までと購入本数が限定されています。

できれば並ばずに買いたいですが、残念なことに現在予約販売は行われておりません。

なま剛力を味わうためには、地道に並んで購入するしかなさそうです。しかし、並んででもどちらも食べてみたいですね!

なま剛力のおいしい食べ方アレンジ

「乃が美」を超えるおいしさともいわれる「なま剛力スタジアム」の食パン。
どちらの食パンも買った日は焼かずに、そのままの味を堪能してみてください。小麦の甘さを存分に感じることができます。

生食を味わったら、翌日から厚切りトーストでもおすすめ。2.5cm前後に切ってトーストすると抜群のおいしさです。

また、冷たいバターにはちみつのトッピングや、たっぷりの餡とバターのトッピング、さらに目からうろこのオリーブオイルにソルトというトッピングも公式サイトでおすすめされています。

そのままでもおいしく、2日目以降はトーストやひと味違ったトッピングで、何日でも食べていたいおいしさの食パンです。

店舗情報


©https://www.namagoriki.com/

営業時間:10:00~18:00(パンがなくなり次第終了)

定休日:水曜日

住所:群馬県太田市小舞木町527-1 舞昇ビル1

電話:0276-67-6216

駐車場:お店の横に5か所ありキャラクタが目印

公式HP:https://www.namagoriki.com/

なま剛力スタジアム・平成最後の高級食パン専門店が太田市にオープンまとめ


©https://www.namagoriki.com/

大型チェーンとはまた違う食パン専門店が、平成最後の2月、群馬県太田市に誕生しました。毎日行列ができ、食パンは売り切れが続出しています。

こだわりの2種類の高級食パンは、そのまま食べてもトーストしても絶品。パンの甘さが口の中に広がる幸せをかみしめられること間違いなしです。

こだわりの素材と製法の、幸せな高級食パン。

平成最後にオープンしたこだわりあふれるお店の並んでも食べたい逸品をぜひお試しくださいね!

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須