中之条町の暮市が12月26日に開催!!歴史ある年末の風物詩で正月用品をそろえよう

LINEで送る
Pocket

日本には、地域ごとに伝統的なイベントが数多くあります。

中之条町では古くから、
初市(正月11日)
雛市(2月26日)
安市(4月16日)
節句市(5月1日)
暮市(12月26日)など、

「1」と「6」のつく日に
「市」が開かれてきました。

中之条町の冬の風物詩の一つである暮市に足を運んでみてはいかがでしょうか。

市場町として栄えてきた中之条町

群馬県北西部にある
中之条町は山間地から
吾妻川と四万川が注ぐ
中之条盆地にある谷口集落。

ここは山から平地になる場所という
地の利もあって、
古くから市場町として栄えてきました。

江戸時代の1625年に町割りが行われ、
1632年には「市」の新設が許されました。

吾妻郡では六斉市
(月6回、1と6の日に「市」を開く)
と決められており、

中之条町、東吾妻郡原町、
そして、大笹(現在の嬬恋村)の
3か所で市の開催が許可されていましたが、

「長野原町は12月の暮市を開いていい」
という決まりでした。

しかし、
中之条町と原町は隣り合っていたため、
その後市の開催は1か月交代になり
1872年まで利害の対立により紛争が続きました。

現在は年2回、
安市と暮市が中之条町で残っています。

暮市の様子

かつては中之条町中心の国道の
大通りを歩行者天国にして行われていましたが、

時代の流れと共に2013年から
「ふるさと交流センターつむじ」
場所を変え開催されています。

暮市では竹細工でできた籠や門松、
羽子板、破魔矢、松飾りなどの
正月用品がそろう露店が連なり、

もう年が暮れ新年がやってくるのだと
実感せずにはいられない年末の最大イベント!

師走の慌ただしさの中、
お正月に向けて華やかさを感じられる市が
毎年の恒例行事として12月26日に行われ、
正月用品を買い求める人でにぎわいます。

高山村にある道の駅「中山盆地」もオススメ。

暮市の会場となる中之条ふるさと交流センターつむじ

江戸時代から続いている暮市が開かれる
「中之条ふるさと交流センターつむじ」

道の駅として観光客にも親しまれています。

つむじの広いお祭り広場で
暮市が毎年行われています。

つむじは楽しいが集まる場所、
地元の食材があじわえる
カフェや雑貨ショップもあり、

伝統工芸品や芸術作家
1点ものなども販売されています。

中心にあるホールには
のんびりできるスペースもあり
旅や観光途中の休憩にもぴったり!

四万温泉の湯を気軽に
楽しめる足湯があり、

冷えた体をじんわりと
足元から温めてくれます。

暮市を楽しんだ後に
足湯で疲れを癒すのもいいですね。

つむじ公式HP:http://tsu-mu-ji.com/

暮市詳細情報、アクセス


暮市

開催日:2019年12月26日(木)

場所:中之条ふるさと交流センターつむじ

住所:群馬県吾妻郡中之条町大字中之条町938

アクセス:
 関越自動車道渋川伊香保ICより国道353号線で40分
※当日は交通規制があります
電車 JR吾妻線中之条駅下車 徒歩15分
バス JR吾妻線中之条駅より路線バス四万温泉行き バス停『博物館前』下車すぐ

駐車場:あり
(普通車20台、マイクロバス(中型バス)1台、中之条町役場駐車場・100台)

問合せ先:中之条町観光協会
(中之条ふるさと交流センターつむじ内)
電話:0279-75-8814

中之条観光協会HP:https://nakanojo-kanko.jp/安市・暮市/

まとめ

隣の渋川市では時代の流れとともに
伝統行事である暮市
残念ながら廃止されてしまいました。

ですが、
中之条町では暮市
今年も賑やかに開催される予定です。

新しいものがあふれる現代に
古くから親しまれている
正月飾りなどを生活に取り入れ、
伝統を守っていきたいものですね。

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須