爽やかな香りと上品な酸味「寶CRAFT群馬白加賀うめ」限定販売!

LINEで送る
Pocket

ご当地の厳選された素材を使って作られた地域限定チューハイ「寶CRAFT」が「タカラ」でお馴染みの宝酒造から発売されているのをご存じでしょうか?

2018年10月、ついに群馬名物の「寶CRAFT群馬白加賀うめ」チューハイも新発売されました。

一体どんな味わいなのでしょうか?

宝酒造こだわりのテイスト、販売場所などをご紹介します。

高崎市は関東最大の梅の産地

群馬県が梅の産地で有名だということをご存じでしょうか?

高崎市の梅の出荷量は全国2位、東日本では1位を誇るまさに梅の名産地なのです。

西毛地区には榛名、箕郷、秋間と群馬三大梅林があり毎年梅の花が咲く頃に開催されるお祭りには多くの人が足を運びます。

この期間には梅を使った特産物や売店が並び、イベントも行われそれぞれの梅林は多くの人々でにぎわいます。

高崎名物絶品白加賀うめとは

群馬県の中でも特に西上州を中心に栽培されている白加賀うめ。

榛名山麓では明治時代から梅の生産が始まり、県内の70%のシェアを誇ります。

大粒で肉厚、香りがとてもよく上品な味わいで種が小さく型崩れしにくいのが特徴です。

6月上旬から下旬に旬をむかえる白加賀うめは「青いダイヤ」と呼ばれるほど果皮が色鮮やかで光沢もあります。

加工する場合は梅酒や梅ジュースにするのがおすすめで、加工時にも皮が破れずにきれいな透明感あふれる仕上がりになるのだそうです。

万葉集の時代からお菓子や薬として愛されてきた白加賀うめ。

平安時代の申年に村上天皇が梅干しを食べて病気が治ったことから、申年の梅は縁起物といわれるようになりました。

「寶CRAFT」チューハイのご当地シリーズ誕生秘話

©https://www.takarashuzo.co.jp/

宝ホールディングス株式会社の環境広報部より、寶CRAFTチューハイご当地シリーズの誕生秘話が紹介されていたのでご紹介します。

人の好みが多様化するなか、地域ごとの特色や造り手の個性が際立つ商品への注目が高まっています。

チューハイ市場においても「クラフトチューハイ」という価値にニーズがあると着目し、市場を創造する新たなコンセプトを立ち上げました。

その結果、“ご当地の素材を使用し、素材に合うベースアルコールにこだわり、クセになる味わいを目指し、手間を惜しまず丁寧に造る「ひとてま造り」製法で仕上げた、ご当地の嗜好性やグルメに合う”というブランドコンセプトにたどり着きました。

2017年9月に新ブランド「寶CRAFT」を立ち上げ、チューハイのパイオニアメーカーとして地域に密着したきめ細かい商品開発を行うことで、チューハイ市場の活性化、またチューハイの価値向上を図っていきたいと考えています。

2018年12月現在、白加賀うめを含め「寶CRAFT」ブランドは18アイテムを展開。果実などの素材については、“ご当地に根ざし、ご当地の嗜好性に合う”というコンセプトのもと、日頃各ご当地に密着している支社を中心にアイデア出しや素材探しを行ったうえで選定されています。

営業拠点である関信越支社は群馬県にあり、支社の地元でもある群馬県でも「寶CRAFT」を発売したいとの想いから素材探しが始まりました。

群馬県は関東一の梅の産地で、「ぐんま三大梅林」を有しています。

中でも白加賀うめは群馬の代表品種であり、大粒で、果肉は厚く、繊維がすくないので、加工品も多く販売されています。

今回、そんな地元に根付いている「白加賀うめ」は「寶CRAFT」の素材としてコンセプトに合うと考え、「寶CRAFT 群馬白加賀うめ」が誕生しました。

引用:https://www.takarashuzo.co.jp/

現在18種類がラインナップの寶クラフトチューハイをご紹介

©https://www.takarashuzo.co.jp/

全国各地こだわりのクラフトチューハイがこちら。

2017年9月の、「栃木ゆず」をかわきりに、「静岡産三ケ日みかん」、「京都ゆず」、「桜島小みかん」、「九州レモン」などの柑橘系チューハイが登場しました。

©https://www.takarashuzo.co.jp/

2018年に入り「小笠原島レモン」、「埼玉越生ゆず」、「愛知蒲都みかん」、「金沢ゆず」、「小田原レモン」、「北限のゆず」、「沖縄シークワーサー」、「南房総レモン」、「余市の林檎」、「伊勢路マイヤーレモン」が登場。

そして2018年10月に「群馬白加賀うめ」に続き、11月に入ると「京都うめ」、そして「小田原うめ」といった新商品が続々と登場しています。

「寶CRAFT 群馬白加賀うめ」がこれだ!

白加賀うめチューハイ 商品

これが白加賀うめチューハイ!

白加賀うめチューハイ コップ

ご覧ください。こちらが「寶CRAFT 群馬白加賀うめ」!

おしゃれで洗練された瓶に入っています。

ラベルには、鶴舞う形の群馬県と名物のだるまも描かれています。

そしてなんといってもかわいらしい梅のイラスト。

フォルムからもそのこだわりが伝わってきます。

一番気になるテイスト

群馬県産白加賀うめを贅沢に丸ごと搾ったストレート混濁果汁と白加賀うめのピューレ、うめスピリッツ、厳選された樽貯蔵熟成焼酎が配合されています。

白加賀うめチューハイ コップ

梅のチューハイというと甘さが強いというイメージがありますが、いざいただいてみましょう。

グラスに注ぐと洗練された梅の爽やかな良い香りが漂います。

クリアなチューハイが少し濁っているのは梅の果肉が沈殿しているから。

微炭酸で口当たり抜群、甘すぎず上品でほどよい酸味が感じられる洗練された味わい。

梅本来のテイストが生きています。

まさに大人の味わい。さらっとした中にも梅のコクを感じます。

手間ひまかけて作られた最高品質の味わい、これはおいしい!

一口一口味わって飲みたい地域限定販売のご当地でしか味わえないテイストです。

「寶CRFT 群馬白加賀うめ」の商品概要

白加賀うめチューハイ  商品概要

商品名:寶CRAFT 群馬白加賀うめ

アルコール分8%、果汁2%、内容量330ml

「寶CRAFT 群馬白加賀うめ」が買える場所

白加賀うめチューハイ  販売

寶クラフトチューハイは地域限定で販売されています。

中でも「寶CRAFT 群馬白加賀うめ」は群馬、栃木、茨城、新潟、長野県を中心に販売中。

群馬県内では道の駅やス―パーなどで見つけることができました。

クラフトチューハイ製造販売元

宝酒造株式会社

住所:京都府京都市伏見区竹中町609

公式HP:https://www.takarashuzo.co.jp/products/soft_alcohol/takara_craft/

爽やかな香りと上品な酸味「寶CRAFT群馬白加賀うめ」限定販売!まとめ

白加賀うめチューハイ  コップ

大粒で肉厚、さっぱりとした味わいが特徴の白加賀うめを使ったクラフトチューハイが宝酒造より販売されました。

爽やかな香りと上品な酸味が感じられる、さっぱりかつコクのある梅チューハイは絶品です。

地域限定販売なので、販売地域を訪れた際はぜひ手に取ってみてください。

群馬の全国に誇る特産物「白加賀うめ」を最大限に生かした絶品チューハイ、お土産にも喜ばれること間違いなしです!

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須