狐のメイクで着物行列!「みのわの里のきつねの嫁入り」に行ってみよう!

LINEで送る
Pocket

群馬県高崎市の箕郷(みさと)町では、毎年9月末もしくは10月に「みのわの里のきつねの嫁入り」が開催され、多くの人が見物に足を運びます。

華やかでありながら、品もあるお祭りです。詳細をご紹介していきましょう。

「みのわの里きつねの嫁入り」は、どうやって生まれたの?


©http://file.blog.fc2.com/minowakitune/kitune/index.html

高崎市箕郷町で始まったこのお祭りは、古くからこの地域に残る、狐にまつわる伝説に由来しています。

同町内で昭和30年代まで実際に行われていた婚礼の儀式を、狐の世界の嫁入りに見立て、更にそこに日本の着物文化を取り入れて再現しようとしたのが始まりです。

地域おこしの一環として有志が集まって、2002年にスタートしました。

なお、イベント名に含まれる「みのわ」は、箕郷町に位置する箕輪(みのわ)城の城下町にあった旧地名。

きつねの嫁入りが練り歩く行列のコース

公式サイトではまだ2019年のコースが紹介されていないので、参考として昨年のコースをご紹介します。
(2019年のコースは変更の可能性もありますので、興味がある人は開催直前にチェックしてみてくださいね。)

「花嫁行列・華行列」は箕郷支所をスタートし、郵便局の横を通過後、メイン会場である「ふれあい公園」を目指します。(11時スタート)

「子ども花嫁行列」は、ふれあい公園北側より、ぐるっと公園を一周して西側より再度入場。(13時半スタート)

「輿(みこし)入れ行列」は、ふれあい公園西側の立ち入り禁止区域からスタートし、そのままメイン会場のステージへ。(17時20分スタート)

きつねの嫁入り コース

こちらを参考にしてみて下さいね!

イベントも合わせて楽しもう!

嫁入り行列から物産販売まで、様々なイベントが目白押し

当日は子供花嫁行列や華行列(狐メイクをした人たちの行列)、着物コンテストといったイベントをはじめ、祭祀、式典、輿入れ行列、創作野外劇なども見ることができます。

また会場では、屋台での地域物産の販売や、お茶席も設けられ、多くの見物客でにぎわいます。

可愛らしいきつねグッズの販売もあり

きつね グッズ

祭り当日には、ユニークなきつねグッズの販売も行われます。
きつねお面やキャラクターフィギュア、手燭(てしゃく)など様々なグッズが登場します。

このグッズは「みのわの里のきつねの嫁入り」の主催者でもある、高崎市の「有限会社石田工務店」が手掛けています。

石田工務店公式HPhttp://aftight-ishida.co.jp/monodukuri.html#kitune

一風変わったコンテストで盛り上がろう!

「みのわの里のきつねの嫁入り」では「ミス・きつね姫コ~ンテスト」という名のイベントが開催されていて、2019年で第5回目になります。

18歳から35歳までの未婚女性に参加資格があり、県外から参加する人もいるほどです。

「きつねの嫁入り」をモチーフにした衣装を身にまとい、狐メイクをほどこした「ミス・きつね姫」達を、是非カメラにおさめてくださいね!

名誉ある賞も受賞!

「みのわの里のきつねの嫁入り」は、実は輝かしい受賞歴のある催し物なんですよ。

JTB交流文化賞組織・団体部門

賞 トロフィー

2019年1月、JTB交流文化組織・団体部門で「優秀賞」受賞しました。

なんと、群馬県内で初の受賞です!皆さんご存じでしたか?

ぐんま街・人・建築大

大賞 トロフィー

群馬における街づくりや建築、人にスポットを当て、日本の発展に貢献した活動を評価する審査会です。

2013年3月、初回の開催で最高ランクの大賞を受賞しています!

2019年の開催日時・アクセス

開催日:2019年10月6日(日)

場所:高崎市箕郷支所~ふれあい公園周辺

時間:11:00~22:00

アクセス:車 関越自動車道経由

公式HPhttp://file.blog.fc2.com/minowakitune/kitune/index.html

公式Facebookページhttps://www.facebook.com/minowanosatonokitsunenoyomeiri

駐車場

「みのわの里のきつねの嫁入り」当日は、例年、いくつかの施設の駐車場を借りる形で、会場近辺の駐車場が利用可能できます。

少し離れた場所に大型駐車場もあります。

こちらも昨年の情報ですが、参考にしてみて下さいね。

駐車場 マップ

まとめ


©http://file.blog.fc2.com/minowakitune/kitune/index.html

高崎市箕郷町で町おこしの一つとして開催している「みのわの里のきつねの嫁入り」いかがでしたか?

小さな子供から大人までが狐に扮し、列をなして歩く姿を見たら、思わずシャッターを切ってしまうでしょう。

台風の場合は要検討ですが、基本雨天決行です。今年の10月は、是非「みのわの里のきつねの嫁入り」を見に箕郷町を訪れてくださいね!

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須