群馬の解体工事費用相場丸わかり|おすすめ見積もりサイト3選

LINEで送る
Pocket

長年放置している土地にある空き家や物置、古い建築物はありませんか?
解体工事をしたいけれど「見積りはどの業者にお願いしたらいいんだろう」「見積もりの単価相場ってどのくらいなんだろう」と悩むことも多いでしょう。

本記事では、自宅に居ながらnetで簡単に比較できるおすすめ見積もりサイトだけでなく、群馬県の解体工事費用相場や悪徳業者に騙されないための見積もりチェックポイントも徹底解説しています。また、お得に解体工事ができる市町村別の補助金・助成金制度もまとめています。

安心して優良業者さんに解体工事をお願いするために、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ見積もりサイト3選|ネットで簡単比較

解体するだけならどこの業者でも同じような気がしますが、解体工事にも様々な手順があり、それに合わせて費用も変わります。あまりにも費用が安く設定されている業者は不法投棄などの違法行為をしている場合もあり後のトラブルにもなりかねません。

解体業者選びでは複数の業者を比較することをおすすめします。

比べて安心最安値解体見積ガイド

群馬 解体工事 おすすめ 見積もり
公式HP:https://www.kaitai-guide.net/

~独自の審査をクリアした優良業者から最適な業者だけを紹介~

約1分の簡単入力のみで3社の見積もり比較を提案してもらえます。

13の審査基準(解体の専門性、安全安心、法律の遵守、秘密保持など)をクリアした良質な解体業者870社の中から、過去の実績データベースを参照し、希望条件に最適な業者を絞り込むので、低価格・品質良の解体業者を見つけることができます。

地域専任スタッフが工事完了まですべて無料でサポートしてくれるので安心です。

⇒ 無料で一括見積もりする

不動産解体の無料一括見積もりサービス「解体広場」

群馬 解体工事 おすすめ 見積もり
公式HP:https://kaitaihiroba.net/

~家の解体からビルの解体までお願いできる~

一軒家、集合住宅、ビル、内装、原状回復など、解体に関するあらゆるケースに対応してもらえます。

何から手を付けていいのかわからない場合もまずは相談をしてみましょう。独自の基準で事前審査し、低価格・優良な解体業者を絞り込んでいます。

施工会社とダイレクトに繋がれるため、作業を下請けにお願いすることで生じる費用を抑えることもできます。

⇒ 解体広場で一括見積もりをとる

解体工事110番

群馬 解体工事 おすすめ 見積もり
公式HP:https://www.kaitaikouji110.com/

~24時間365日いつでも見積もり可能~

東証上場企業の独自データベースから最適な業者を最短1日で選定してもらえます。専門スタッフが、予算・完了希望日・現場状況などの情報をもとに自信をもって厳選した1社を紹介。
庭先の塀のように小さなものから、賃貸マンションのように大きな建物の解体工事まで対応可能で日本全国24時間365日対応なのも心強いです。

⇒ 比較のプロに
見積もりをお願いする

群馬 解体工事 おすすめ 見積もり群馬 解体工事 おすすめ 見積もり

家の解体工事費用相場(坪単価)

群馬 解体工事 おすすめ 見積もり

解体費用は解体したい建物により大きく異なるので、費用相場を建物の構造別に把握して比較しましょう。坪単価は解体工事の費用を決める要素のひとつです。

道幅など工事現場の環境も費用に影響するので、坪単価だけで考えず、必ず見積もりで金額を把握しましょう。

木造家屋|意外にリーズナブル?

坪単価相場 2.4~4.0万円/坪

木造建築は、鉄筋やRCよりも柔らかく解体しやすい構造で出来ているので、比較的安価になる傾向があります。解体工事の費用の内訳は、建材費ではなく主に作業費で構成されているため、作業の効率性が金額に大きく影響していきます。

重機の性能は上がっているものの解体費用がなかなか下がらないのは手作業が増えてきているからです。

2000年以降に制定されたリサイクル関連法により、産業廃棄物処理や不法投棄の対策が強化され分別作業が煩雑になってきたためで、解体しながらその場の手作業で分けていったほうが効率的に進み費用が押さえられるからです。

~50坪台の解体工事費用例~
 構造:木造
 階数:2階建
 坪数:57坪
 解体方法:重機と手作業
 
建物以外の付帯工事や諸経費を除いた、解体費用は約190万円です。

重機や手続きの諸経費を合わせると総額約220万円(税抜き)となります。

鉄筋家屋|リサイクルでコストカットできる

坪単価相場 2.8~4.4万円/坪

解体工事で発生した鉄骨などの廃材は、産業廃棄物として処理されますが、ほぼ100%に近い割合で鉄骨製品として再利用されます。産業廃棄物収集運搬業者や不用品回収業者などに買い取ってもらうことでコストを抑える工夫が可能です。

昭和50年初頭までに建てられた鉄骨造の建物の多くでは、耐火被覆や断熱被覆や防音被覆としてアスベストが吹きつけられていることがあります。アスベストは健康リスクが大きく危険な物質で解体費用にも影響がある為、解体工事を依頼する業者に伝える必要があります。

~50坪台の解体工事費用例~
 構造:鉄筋
 階数:2階建
 坪数:59坪
 解体方法:重機

建物以外の付帯工事や諸経費を除いた、解体費用は約156万円です。
重機や手続きの諸経費を合わせると総額約185万円(税抜き)となります。

RC(鉄筋コンクリート)家屋|木造、鉄筋よりも割高傾向

坪単価相場 3.5~5.7万円/坪

RC造(鉄筋コンクリート造)の建物は、非常に剛強に作られているのが最大の特徴です。そのため、解体にかかる日数は長く、費用は高く、リスクは大きくなります。

木造のように手作業で解体することは困難なため、重機を使用する頻度も高く、コンクリートを壊す際には騒音・粉塵も多く発生します。騒音で周囲に迷惑がかかるため、朝や夕方など人の多い時間帯は避けて作業を行わなければならず、作業ができる時間が限られて工期も長くなりがちです。

養生シートや防音パネルなどの対策をする必要があり、その分も工期や予算に影響を及ぼします。

~50坪台の解体工事費用例~
 構造:RC
 階数:2階建
 坪数:54坪
 解体方法:重機

建物以外の付帯工事や諸経費を除いた、解体費用は約256万円です。

重機や手続きの諸経費を合わせると総額約328万円(税抜き)となります。

見積りの内訳徹底チェック|安くおさえるコツは?

群馬 解体工事 おすすめ 見積もり

見積もりを比較して低価格で品質のよい工事を行うためにも、費用の内訳を理解しておきましょう。解体費用は周辺環境など様々な要因によって決められます。

具体的には、以下の通りです。

  • 必要な作業員数
  • 建物以外の撤去物(樹木・ブロック塀・倉庫・門扉等)の有無
  • 廃棄物の量 など

主な内訳に対して、それぞれどのような工夫をすると解体費用を安く抑えることができるのかコツをご紹介します。

必要な作業員数|手作業が多いとコスト増

解体費用の3~4割は人件費です。建物の周囲が重機の入れないような細い道や建物密集地帯の場合は、手作業が多くなります。手作業が多い、大きな現場、鉄骨・RC構造を解体するケースなどでは、作業人数を増やしたり工期が伸びたりするので人件費は高くなるでしょう。

また、ガードマンやトラックの運転手なども必要な人件費です。条件により、ある程度の費用は仕方ありませんが、他社と比較した場合に高すぎるときは質問してみましょう。

人件費は人数×作業日数で計算できますが、最初は重機を使わないので、必ずしも日数に比例するとは限りません。工事が難しく大変になるほど解体費用は上がっていきます。
解体完了の時間に制限がなければ、建築業界の閑散期である4~6月に解体をお願いするのもひとつの方法です。人員を確保しやすく、4月か5月など早めの時期なら天候も安定していて作業しやすいでしょう。

現場の環境|足場は組める?解体スペースの有無

閑静な住宅街、狭小敷地・住宅密集地は周辺道路の状況により見積もりが変わります。工事車両が入れないほど狭い解体現場など、状況によっては解体方法が限られたり、必要資材や人員が増えるなどして見積もりが高くなる傾向にあるようです。

解体スペースが確保できれば、トラックで運ぶ回数を減らせて経費の削減につながります。

また、解体工事を行う際は、作業員の安全性を確保するための足場を設置し、工事中に粉じんの飛散を防止するための養生シートや、騒音対策のための防音シートを設置するのが一般的です。
それらにかかる経費は「仮設工事 解体物養生」「仮設工事 防音・防火シート」などと見積書に記載されます。

工作物解体の有無|車庫や塀も撤去?

周囲に撤去の必要なものがある場合、建物本体の解体費用に加算されるので、事前に確認しておきましょう。

具体的には以下のようなものが該当します。

  • ブロック塀の撤去
  • カーポートの撤去
  • 庭木の撤去
  • 庭石の撤去

一軒家などで、撤去する必要のある外構や設備が多い場合は付帯構造物解体工事費も高くなっていきます
見積書には「付帯構造物解体工事 カーポート撤去処理費」などと付帯構造物ごとに内訳を記載されることが多いようです。解体した際の資材をリサイクルにまわすことで費用を抑えることも可能になります。

地中障害物・埋設物や屋内のゴミ|事前に減らしておくと◎

見積もりの時点では把握できておらず、後で追加費用がかかる場合があります。それは地中障害物・埋蔵物の撤去工事費用です。
典型例としては、昔の建物の地下部分のコンクリート躰体や井戸など、施主が把握していないものがあります。見積書には「コンクリート処理費」等と記載されるケースや、建物の基礎工事とまとめられ「建物解体」の項目に含まれている可能性もあります。

解体工事を依頼する際は、家の中のゴミは処分し、何もない状態で依頼するのが基本です。解体するのだからと家具や家電などをそのままにしておくと、解体費用に上乗せになってしまうからです。
解体の施工業者は家庭から出るゴミの処分ができないため、処分専門の別業者へ委託することになります。委託費などのコストをカットするためにも、できる限りご自身で一般廃棄物として処分しましょう。

石綿・アスベストの有無|築20~40年の建物は要注意

アスベストは、吸引により悪性中皮腫や肺がん等の病気を引き起こす恐れがあることや、飛散しやすいにも関わらず気づきにくいという恐ろしい性質を持っていることにより2006年に完全に使用禁止になりました。

適切な処理をしなければ近隣住民や多くの人々の健康を害する可能性があるので、処理は専門業者が行う必要があります。築年数が古ければアスベストを使用している可能性は高く、特に1975年以前の建築物は注意が必要です

見積書には「付属建物撤去処分 アスベスト除去(屋根)」などとアスベストが使用されている部分ごとに記載されていることが多いようです。アスベスト処分費の業者ごとの差はそれほど大きくありません

アスベスト処理の実績が多い業者はスムーズに作業することができ、結果的に費用を抑えることが可能です。

見積り比較チェックポイント|優良解体工事業者はどこ?

群馬 解体工事 おすすめ 見積もり

1社の見積もりだけでは適正価格かどうか判断ができないので、必ず複数の業者から見積書をもらって見比べましょう。内訳の項目で作業内容を比較し、抜けている作業がないか無駄に増やされている作業がないか見極めることで良心的な業者かが見えてきます。

同じ内訳なのに価格が大きく異なる場合はそれが適正価格なのかどうか尋ねてみるのも良いでしょう。

簡単比較チェックリスト

地域や建物の構造ごとに見積もり相場はありますが、業者によって実際に出される見積もりは異なります。

それぞれの業者によって作業手法やどこまでを見積もりに含めるかの判断が様々なためです。実際に出てきた見積もりを項目ごとに比較してみましょう。比較していく中で、解体する建物の解体費用の目安が分かるだけでなく、優良業者がどこなのかも分かってきます。

比較のポイントとして以下を参考にしてみてください。

  • 建築構造ごとの費用の違い
  • 建物の大きさによる費用の違い
  • 家屋以外(カーポートや物置)の費用の違い
  • 道路の広さや近隣の建物など立地環境による費用の違い

同じ内訳なのに費用の差が大きすぎる場合は施工業者に確認をとることをおすすめします。必要以上の費用を支払わなくて済むように、不明点や疑問点はきちんと伝えることが大切です。

廃棄物処理費用|業者による差は少ない

廃棄物処理費用に関しては、都道府県ごとに処分場の処理費用が決まっているため、解体業者ごとの差は少なくなります。

条項の違いにより一部地域では都道府県の相場よりも高くなる場合はありますが、同じ地域内での費用差はほぼありません。注意点としては産業廃棄物処分費用があまりにも安い場合は不法投棄などを行っている悪徳業者の可能性があるということです。間接的に犯罪にかかわらないためにも、しっかり確認しておきましょう。

曖昧な項目【要注意】

見積書の中には「一式」とまとめて記載されているものもあるため注意が必要です。
詳細がないと他社と比較することができません。工事内容が不透明だとどんな作業をするのか、それにどれだけの費用がかかるのか分からないため、上乗せされても気づけません。
詳細込みの見積書をお願いしても出してもらえなかった場合は、他の業者への依頼を検討しましょう。

一方で、地域によっては内訳も簡単な記載のみになるのが一般的なところもあるようです。また、立ち合い見積もりを実施し、お客様へ説明した上で、見積書が簡素になる場合もあります。

知らなきゃ損!解体工事の助成金制度と土地活用

群馬 解体工事 おすすめ 見積もり

解体工事にかかる費用は決して安くはありません。見積もりの値下げ交渉をしてもコストダウンには限界があります。

群馬県の補助金・助成金制度があるのはご存じですか?補助金・助成金制度を有効活用していきましょう。また、補助金・助成金制度に合わせて土地活用を行うことでさらにお得に解体工事を進めることもできるので参考にしてみてください。

【得する】解体工事関連の補助金・助成金制度

市町村名 制度名
特徴と助成額


空き家解体助成金
特徴:周囲に危険を及ぼす恐れのある老朽化した空き家を解体する場合に、解体費用の一部を予算の範囲内で助成します。
助成額:助成対象経費(消費税及び地方消費税含む)に5分の4を乗じて得た額、上限額は100万円。
※2019年度の助成金や補助金の内容となっているためご注意ください




みなかみ町空き家解体補助金
特徴:町民の安全で安心な暮らしの確保と良好な住生活の形成および景観の向上を図るため、空き家の解体を補助します。
助成額:解体工事に要する経費の1/3、上限額は20万。建築日が昭和56年5月31日以前の建物の場合は上限額30万。


沼田市空き家解体補助金
特徴:空き家の安全性の低下、環境の阻害、地域住民の生活環境への悪影響等の問題が深刻化する前に、自主的に解体する場合の解体費用の一部を、予算の範囲内で補助します。
助成額:空き家解体工事費(消費税を含む)に⅓を掛けて得た額、上限額は20万円。建築日が昭和56年5月31日以前であることを証明できる場合は、10万円加算。


きりゅう暮らし応援事業(空き家除去助成)補助金
特徴:長い間使用せずにいた空き家の解体を促進し、空き家跡地の再利用と地域の活性化を図るために空き家の解体費用の一部を補助します。
助成額:対象工事費の⅘以内、上限100万円。昭和56年5月31日以前に建築された建物は、対象工事費の½以内、上限額は30万円。(ただし、跡地を10年以上無料駐車場にするなど地域活性化のために使用するものは上限額50万円)


富岡市空き家除去資金補助制度
特徴:市内の景観の向上および居住環境の改善を図るため、市内業者が施工する空き家の除却工事を行った人に対し、補助金を交付します。
助成額:空き家の除去工事費に⅓を乗じて得た額、上限額は30万円。危険空き家等および特定空家等の除却の場合は、除却工事費に⅘を乗じて得た額、上限額は50万円。



老朽空き家の取壊しに対する補助制度
特徴:老朽化して倒壊などのおそれのある空家等を除却する人に対して、予算の範囲内において、その一部を補助金として交付します。
助成額:補助対象経費の½を乗じて得た額、上限額は20万円。


空き家対策補助金
特徴:親または子と近居または同居するために空き家を取得し除却して、跡地に住宅を新築工事に関わる費用に対し補助が受けられます。
助成額:工事費用の⅓以内、上限額は120万円。

特徴:昭和56年5月31日以前に建築され倒壊等のおそれや将来的に特定空き家となる可能性がある空き家の解体工事に関わる費用に対し補助が受けられます。
補助額:工事費用の⅓以内、上限額は10万円。



太田市空家等除却補助金
特徴:空き家所有者の自発的な除却および土地の利活用を促進し、地域の活性化を図るため、空き家の除却に要する費用の一部を補助します。
助成額:対象となる空き家の除却に要した費用の½、上限額は50万円。

補助金交付決定前に着手した場合は補助対象にならないという自治体もあるので、早めに詳細を確認するようにしましょう。

申請から交付決定まで1か月以上かかる場合もあります。

土地活用をするとさらにお得

建物の解体が決まったらもう安心だと考えていませんか?更地にしたままだと損をしてしまうかもしれないので土地活用をおすすめします。

土地活用を行うことでのメリットは、一定の金額の安定収入が得られることです。

活用プランとしては賃貸物件や駐車場・トランクルームなどがあり、貸し出せば手堅く収入を見込めます。得た資金を住宅ローンの返済にあてれることもできます。更地をそのまま貸して利益を得ることもできますが、住宅が建つ土地に対して減額されていた税金の優遇措置の対象外となるので、固定資産税が高くなるというデメリットもありるので注意が必要です。

土地活用が難しい場合は、建物の不動産売却も視野に入れて不動産会社へ相談してみましょう。

解体だけじゃもったいない!土地活用がおすすめ

まとめ

群馬 解体工事 おすすめ 見積もり

空き家や物置、古い建築物を放置してしまうと、倒壊の危険や税金の支払いなどデメリットが大きくなります。専門業者に見積もりを依頼し、比較検討することで、安心の解体工事をすることもで、土地活用をすることでさらに収入を作り出すことも可能です。

まずは住宅売却を視野に入れた不動産会社への売却査定依頼と、解体業者比較の無料サービスで複数の見積もりを出して比較してみてはいかがでしょうか

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

Gotoトラベルでお得に群馬を『旅』しよう!

最初のコメントをしよう

必須