1. TOP
  2. 「焼きまんじゅう」が手軽に食べられる!「焼きまんじゅうラスク」とは?

「焼きまんじゅう」が手軽に食べられる!「焼きまんじゅうラスク」とは?

LINEで送る
Pocket

焼きまんじゅうラスクとは

群馬県民が愛してやまない「焼きまんじゅう」がラスクとして販売されています。

袋を開けるだけで「焼きまんじゅう」の香りがただよい、食欲をかき立てます。
味は、たしかに「焼きまんじゅう」、しかし食感はラスクそのもの。

焼きまんじゅうへの愛情がたっぷり詰まったこだわりのラスクです。

お土産にも人気の焼きまんじゅうラスク誕生秘話

2016年1月、前橋市にある老舗焼ききまんじゅう店「たなかや日赤前」で考案されました。

焼きまんじゅう味のラスクは在りますが、
「群馬県民になじみの深いソウルフードともいえる焼きまんじゅうの素材でラスクを作りたい!」

と、「たなかや日赤前」の店主小野さんが考え、ラスクの商品開発を始めたのが
「焼きまんじゅうラスク」の誕生のきっかけです。

参考URL:http://takasaki.keizai.biz/headline/2731/
 
焼きまんじゅうとの食べ比べもオススメです。
焼きまんじゅうとは群馬最強のソウルフード!名店13選と簡単レシピをご紹介
 
 

たなかやの焼きまんじゅうラスク

イートインできる焼きまんじゅう屋さんで人気の「たなかや」。

発売より好評の「焼きまんじゅうラスク」は、売り切れが続出するほど人気があります。

こちらの「焼きまんじゅうラスク」の作り方の秘訣は、
「酒まんじゅう」の生地を乾燥させ、表面をカリッとさせること。

「酒まんじゅう」をほどよく乾燥させることで、
「焼きまんじゅう」と「ラスク」の両方の良さを引き出しています。

生地にはしっかりと「焼きまんじゅう」のタレがしみこんで、独特の食感。

すべて手作りのため、発売当初は、1日に10~15袋限定で販売されていました。
しかし現在では、前橋物産展や高崎駅構内のイーサイトでも取り扱われています。

表はカリッ、裏側は「焼きまんじゅう」の食感が味わえる、
こだわりの「焼きまんじゅうラスク」。

焼きまんじゅうになじみのある群馬県民だけではなく、
地方の方へのお土産としても人気の高いひと品です。


たなかや日赤前 ストリートビュー

一袋:
8枚入り300円

住所:
群馬県前橋市朝日町3-12-7

電話:
027-224-3903

営業時間:
9:00~18:00

定休日:
水曜日

群馬県内の焼きまんじゅうラスク販売店

「たなかや」以外でも群馬県内では焼きまんじゅうラスクが販売されています。

ほたかや

沼田市にある人気の焼きまんじゅう屋さん、
「ほたかや」の「焼きまんじゅうラスク」。

8枚入り500円で販売されています。
またネット通販でも購入できます。


住所:
群馬県沼田市下久屋町718

電話:
0278-24-0337

営業時間:
9:00~17:00

定休日:
日曜日

通販HP: http://hotakaya.com/products/detail.php?product_id=75

上州菓匠青柳

桐生市にある和菓子の専門店。

こちらでは「からっ風かりんラスク」という名前で、
「かりんとうラスク」を販売しています。

沖縄県産の黒糖を使った、熟成焦がし蜜の甘さがたまらないひと品。

サクサク軽い食感が人気の「焼きまんじゅうラスク」は、
通信販売でも購入できます。

住所:
群馬県桐生市本町5-364

電話:
0277-22-0303

営業時間:
9:30~18:30

定休日:
元旦

通販HP: http://aoyagi.gunma.jp/main/pg230.html

道の駅おおた

太田市にある「道の駅おおた」では産地直送の新鮮な野菜や農産物と一緒に、
手作りでおいしい「焼きまんじゅうラスク」が販売されています。

これだけ入って280円はお得ですね!

住所:
群馬県太田市粕川町701-1

電話:
0276-53-9350

公式HP: http://michinoeki-ota.com/

焼きまんじゅうラスクまとめ

群馬の「焼きまんじゅう」をお土産にしたいけれど、焼かないといけません。

しかし、ラスクなら焼かずにそのまま「焼きまんじゅう」の味を
伝えることができますね。

「焼きまんじゅうラスク」は、前橋物産展、高崎駅構内イーサイト、道の駅など
県内各地で販売されています。

インターネット通販でも購入できるので、懐かしの味を自宅で手軽に食べられます。

「焼きまんじゅうラスク」をぜひ一度、味わってみてはいかがでしょうか!

こちらの記事も読まれています!

1.上州名物「忠治茶屋」の出来たて焼きまんじゅうがセーブオンで買える?!

2.日本一のもつ煮!渋川市「永井食堂 もつっ子」へ

3.全国菓子大博覧会で内閣総理大臣賞を受賞! 伊勢屋本店の看板商品『バターどら焼』

4.群馬の「浦島太郎龍宮伝説」!伊勢崎市広瀬川のほとりにある「龍神宮」とは

5.【日本のへそはどこか?】日本のへそは群馬県渋川市にありました

6.【伊勢崎名物】神社コロッケの名前の由来は伊勢崎神社前の●●販売でした

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!