1. TOP
  2. たんばらスキーパーク支配人が語る「たんばらスキーパークの魅力&オススメコース」

たんばらスキーパーク支配人が語る「たんばらスキーパークの魅力&オススメコース」

LINEで送る
Pocket

生まれも育ちも地元沼田市という生粋の沼田っ子の現支配人の林氏がたんばらスキーパークの見どころから魅力、そして、最高の眺望と滑りを堪能できるオススメコースをご紹介!

たんばらスキーパークの魅力1:アクセスの良さ

関東圏の人にとってのたんばらスキーパークの最大の魅力は首都圏からのアクセスの良さですね。
インターから車で約30分の距離にあるので、お手軽にスキーができる立地条件が最大の魅力と思っています。


たんばらスキーパーク ストリートビュー

たんばらスキーパークの魅力2:豊富な降雪量でロングシーズン滑走可能

また、玉原高原は独特の地形、立地になっていまして、雪が非常に多いエリアになります。
群馬県にあるスキー場なのですが、新潟並に降雪量が多いところがたんばらの特長でもあります。
この豊富な降雪がもたらす積雪量のおかげで、12月からゴールデンウィークまでの長い期間楽しめることが魅力です。
今シーズンはおかげさまで雪の降り出しが早かったので11月26日から一部滑走からのスタートですが営業がスタートしています。

たんばらスキーパークの魅力3:初中級者でも楽しめるゲレンデ構成

急斜面が少なく、平均斜度10度のゲレンデの構成が初中級者でも十分に楽しめるように構成されているのがエントリー層からファミリー層にとっての最大の魅力となっています。
コア層ではなく、ライトなお客さん向けの優しい滑りやすいコースレイアウトが特徴です。一番下のリフト横のファミリーコースは平均斜度が5度の斜面が、ベースのリゾートセンターまで続いています。
上級者にはもの足りない部分はありますが、初めてスキーやスノーボードをやる人でも安心して滑れるようなゲレンデになっています。初心者や初級者にとって怖い斜面がないゲレンデといえますね。

たんばらスキーパークの魅力4:迷子になりにくい

すべてのコースが最後にはファミリーゲレンデに合流するコースレイアウトになっています。途中ではぐれても、最後はファミリーコースに合流するので、ほとんど迷子になることはありません。

たんばらスキーパークレストハウス
中間地点にあるレストハウス前ですべてのコースが合流している。この下がファミリーコース

たんばらスキーパークの魅力5:充実した施設

ベースにある「リゾートセンター」、1つリフトを上がった中腹にある「レストハウス」の2ヵ所にゲレンデ施設があります。2年前にリゾートセンターは大規模なリニューアルを行いました。昭和63年の12月に開業しているスキーセンターなので、若干の老朽化が始まっていたのと、お客さんのニーズがその当事からは様変わりしてきていて、いまのニーズに合わせるための大改修を行いました。
とくにファミリー向けに使いやすいようにした例は「女子トイレの中に小さな男のお子さんと一緒に入ってもできる小便器を設置」と「男子トイレにもベビーシートを設置」です。

たんばらスキーパークキッズ男子用の小便器
女子トイレ内に設置されたキッズ男子用の小便器

たんばらスキーパークのオススメコース

晴れた日はリフトでゲレンデ山頂まであがると富士山も見える眺望が魅力です。
それに、眼下に玉原湖を望む雄大な眺望は一見の価値ありですので、ぜひ、チェックしにきてください。以下、具体的なコース紹介です。
たんばらスキーパークコースマップコースマップ(たんばらスキーパークオフィシャルサイトより引用)

センターコースの山頂付近は最も滑りながら眺望を楽しめるポイント

センターコースの山頂付近が一番きれいに景色を堪能できるポイントで、眺望を堪能しながら、ゆっくり滑って下りると最高に楽しめます。
山頂から100mほど滑って落ち込みが始まるあたりが絶景ポイントになります。
もちろん、滑って下りてくる人がたくさんいるので、立ち止まって景色をみる場合はコースの端に寄るように注意してくださいね。逆に滑って下りる人は下の人がすべて優先権があるので、景色を見て立ち止まっている人には充分注意して滑走してください。

たんばらスキーパークお勧めコース
センターコース上部

レイクウッドコースはより眼下に玉原湖が広がる玉原湖ビューが楽しめるコース

玉原湖をじっくり眺めたい人向きには端のレイクウッドコースがオススメです。眼下に広がる玉原湖を思う存分楽しみながら滑るレイクビューコースです。

国有林の大自然を満喫するにはフォレスターコース

山に向かって右側のエリアはぶなの原生林が広がる、自然豊かな国有林の中を滑るフォレスターコースとウッディコースがあります。なかでもあまり混雑せずに自分のペースで大自然を満喫しながら滑ることができるフォレスターコースはオススメ。少し難易度が高い斜面ではありますが、初級者でも充分に楽しめるたんばらの中でも穴場的コースです。たんばらスキーパークの従業員もここを狙って滑りに行ってますね。

どか雪が降った翌日はディープパウダーが楽しめるトライアルコース

もっとも急な斜面を持つ上級コースのトライアルコースは降雪時でも半分しか圧雪しませんので、残りの半分でディープパウダーを楽しむことができます。パウダーの後は自然のコブができる斜面に変化したりしますが、パウダーが狙えるたんばら唯一のコースです。

スキースノーボード滑走禁止の独立エリアにあるキッズパーク(たんばらスノーランド)を設置

柵やロープで囲っただけのキッズパークでは、滑り降りてきたスキーヤーやスノーボーダーとの衝突のリスクは常に付きまといます。たんばらスキーパークでは、スキーヤー、スノーボーダーが滑り降りてくることがまったくない、独立したエリアにソリや雪遊び専用のキッズパークを設置しています。周りを気にせず思う存分子どもたちに雪遊びに興じてもらえる環境が整っています。
スノーエスカレーター付きで、チュービングコースやふわふわも設置しています。

たんばらスキーパークキッズパーク
キッズパークは完全独立型。スノーエスカレーターでみんな楽々

キッズのスキーデビューにも最適なファミリーコースは平均斜度5度

ゲレンデベースにあるリゾートセンターのすぐ上にあるファミリーコースは平均斜度5度の安全な緩斜面。初めてのスキー、スノーボードでも安心してトライできます。
初心者の内はこのファミリーコース横のリフト専用のお得なリフト券を使えば、節約にもなって大変お得なチケットシステムにもなっています。

スキースクール、スノーボードスクールはそれぞれ実績のある専門家が指導

スキーもスノーボードもそれぞれ実績がある専門スタッフが指導にあたるので、上達も早く安心して滑ることができます。キッズからレーサーまですべてのレベルで対応しています。初心者にもキメの細かい優しい指導で評判ですので、ぜひ、レッスンを体験しにきてくださいね。

スノーシューイングツアーで雪原散歩を満喫

スキー、スノーボードをしないお客さまでも雪原を楽しめる、スノーシューを使ったツアーを実施しています。のんびり、高原の雪原を散策しながら歩くので、誰でも参加できます。雪の玉原高原の大自然を満喫できるのでオススメです。

宿泊派には隣接のペンション村がオススメ

ゲレンデからスキーインアウトできる隣接した場所にあるペンション村が宿泊派にはオススメ。個性あるペンションが12軒村内にあります。また、峠の麓にも宿泊施設が3軒、望郷ライン沿いに1軒ありますので、ぜひ、ご利用下さい。

以下、いろいろなお客さまと接して、そのお客さまたちが喜んで帰っていかれる姿をみるのが一番の喜びを感じる、という林氏のプロフィールです。

たんばらスキーパーク林徳支配人
たんばらスキーパーク林徳支配人
林徳(はやし みさお)
プロフィール:昭和49年11月12日、群馬県沼田市に生まれ。血液型はA型。生まれも育ちも現在の住まいも同じ沼田市という、純粋の沼田っ子。
平成5年に東急不動産の子会社だった玉原東急リゾートに入社。
玉原東急リゾート時代には接客業務を主に担当。平成15年に東急リゾートサービスに会社統合となる。その後広報を7年担当した後、長野県戸隠高原のスキー場に出向。東急リゾートサービス本社勤務を経て、現在、たんばらスキーパーク支配人。

たんばらスキーパーク
オフィシャルサイト:http://www.tambara.co.jp/skipark/
Facebook:https://www.facebook.com/tambaraskipark/
twitter:https://twitter.com/tambaraskipark
instagram:https://www.instagram.com/tambaratokyuresort/

宿泊ガイド:http://www.tambara.co.jp/skipark/stay.php

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!